Why learn trustなぜ信託を学ぶのか

「信託」を学び、利用することによって、
生活·人生を「豊かなものに」

信託財産額は1,300兆円超(2020年9月末)。
経済・社会のインフラとして広く利用されており、個人で気軽に利用できるものもあります。

What is a trust?信託とは

  • 信託は、専門家等(受託者)に、財産を託し、運用や管理等を委ねるもの
  • 受託者の力を使って、様々な目的の達成、成果の実現を図るものです
  • 受託者には、厳格な法的義務が課され、安心して託せる仕組みになっています

個人のライフイベント等に
対応した信託

個人での信託の利用場面としては

  1. 結婚・子育て
  2. 教育
  3. 不動産等の纏まった資産購入への備え
  4. 老後の生活への備え
  5. 親の資産管理・活用
  6. 相続・資産承継

等が考えられます。

信託を利用者の「ライフプラン」に組み込み、人生の様々なイベントや将来への備えをしておくことができます。
(利用されている信託には、金銭信託、証券投資信託、不動産投資信託、財産形成信託、個人年金信託、結婚・子育て支援信託、教育資金贈与信託等、民事信託、遺言信託、遺言代用信託、後継ぎ遺贈型受益者連続信託等があります。)

個人のライフイベント等に対応した信託

経済·社会的課題·ニーズに
対応した信託

経済・社会的な課題・ニーズに対応した信託の利用場面

  1. 企業や特定プロジェクト等への様々な形
    (株式・債券投資、資産流動化、貸付等)での資金提供
  2. 企業・団体等の資金の運用・管理
  3. 不動産の有効利用
  4. 資産の保全
  5. 中小企業等の事業承継
  6. 公益事業への支援等

今後、

  1. データの利活用
  2. 事業信託等

様々な分野での活用が期待されます。
利用されている信託には、金銭信託、証券投資信託、金銭債権流動化信託、企業年金信託、土地信託、顧客分別金信託、事業承継信託、公益信託等があります。

経済·社会的課題·ニーズに対応した信託

環境変化・様々な課題に
対応した信託の活用

課題先進国とも言われるわが国では、新型コロナ感染症対応を含め、
様々な課題へのスピード感をもった取組が求められています。
信託は、歴史的に、個人・経済・社会の抱える様々な課題に対し、
解決策をもたらす柔軟な枠組みとして発展してきました。
時代の大きな転換点を迎えている中、信託の更なる活用が期待されます。

環境変化・様々な課題に対応した信託の活用
ページトップへ